So-net無料ブログ作成
検索選択

コピーランナーの夢 [夢ログ]

久しぶりに長〜い夢をみた。ほんとに長かったようで目が覚めたときはグッタリしていた。

コピーランナーの夢

ぼくは駆け出しのコピーライターで、いつものお得意に出向いたのだが、今日は珍しく担当の女性のほうからじぶんでコピーを書いたからと原稿を渡された。あまりいい気はしなかったが、わかりました、ではコピーをトッテまいります(何のためかわからないが)と立ち上がると、いまコピーセンターは混んでますよと言われる。じゃあ事務所に戻ってトッテきますとそこを出る。それから長い夢になるのだけど(ハショって)、家に着いたと思ったらそこは学校の校舎のなかで、大人の生徒たちに隣りの校舎だよとからかわれたり、隣りに行こうとしたのにいつのまにかどこかの住宅街に居て、そこで住人たちの井戸端会議に巻き込まれたり…

いろいろあって走り回ってやっと大きなコピーセンターというか出力センターを見つける。が、やけにものものしい雰囲気。警備のおじさんにコピーをとりたいのですがというと、中に入って所長らしき人物やスタッフとなにやら相談してから「いいですよ、ただ、ここのコピー機はすごくいいので動かすだけで1万円ですが、何枚とります?」と訊かれる。え" 〜と絶句し、1枚しかとらないのにと焦る。が、すぐに気を取り直してまあいいか、お得意に請求すればいいんだとあっさりお願いする。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。