So-net無料ブログ作成
ネット海 ブログトップ
前の10件 | -

電子ブック、改札口。 [ネット海]

以前試みたCD詩集をどうしても電子ブック化したくなり、先日、rさんとfさんと横浜関内で逢った。横浜は十年近く住んだから土地勘があるはずだったけど、石川町の駅(北口)を出て迷ってしまった。なんとか目当ての店を見つけfさんと店に入りrさんを待っていた、が地元のrさんなのに待てども来ない。もしやと駅へ戻ったらrさんが兎のように凛として改札口に立っていた。

電子ブックはKindleやiPadの登場で一躍注目を集めているけど、前にもお伝えした「Alice for the iPad」で窺えるようにiPadはひとピョン先進的だ。動画がかなり自在に扱える。
いまのところiPadあるいはiPhoneでしか見られないが、いずれさまざまなReaderが出てくるだろう。アンドロイドという方式を使ったケータイ電話機もすでにお目見えしている(ちょっと小さくて見づらい)。パソコンのブラウザ上で見るには別の方式(Flash等)を要するので作るほうはやたらと手間がかかる。

で、作るとなるとMacintoshだけではむづかしいところがありWindowsに頼らざるを得ないこともあったりする。そこで二股をかけてたらWindowsがクラッシュしちまった。XPだけど...
クラッシュがパンク?...なんて、初めは余裕をかましていたものの次第に焦ってきた。
XP: c000021a Unknown Hard Error、とメッセージが何度も出て、セーフモードにしようがリカバリを試みようが答えは変わらない。長年PCとつきあってきたが、これほどキッパリ宣告されたのは初めてだ。

メインのマシンはMacintoshなのでいくらかカバーできるけど、グローバルスタンダードの形式や確認ができない。必死で蘇生しようとがんばったがあえなくお亡くなりになったようだ。横浜関内でrさんからXPマシンが壊れWindows 7に買い替えたってお話を伺ったばかりだ。もしや、それがお告げだったんじゃないかって。というか、Windows 7になったらXPでちゃんと見えていたCD詩集がうまく表示されなくなったとも伺い、Windows 7を導入して確かめようかどうしようと迷っていた矢先だった。
機械もまた魔界化する。

Windows 7をこーにゅーしなーーさい。ウーーーーーーム、くそ
まあ、グローバルスタンダードのセカンドマシンだからと中古で手に入れて3〜4年、けっこう長生きしたともいえる。ジタバタしても仕方がない。仕方をあきらめて明日はあきはばらだ。

nice!(0)  コメント(0) 

ものいえば [ネット海]

唇寒し検察審

唇寂しセブンスター

と、このところの唇攻撃連発でノックダウン寸前だったけど、かろうじてiPadのゴングで救われた。
iPadのアプリケーションソフトには気晴らしにうってつけのがたくさんあった。(無料のものも多い)
オセロ(PONOS REVERSi HD)、将棋(MURATA SOFTWARE)、ボウリング(10 Pin Shuffle)、金魚すくい...といったゲーム&対戦もの、「Magic Window」という風景推移や「Planets」という超プラネタリウム世界を映し出す癒し系...
なかでも目を見張らせたのが「Alice for the iPad」という電子ブックだった。

英文(横書き)だけどそれを初めて見たときには、ジョン・テニエルのイラスト(1865年当時)がそのまま使われ、それが高度な動画効果や指先タッチでいろいろな変化を起こすのを体感し身震いさえした。
これに似た試みはだいぶ前に水野るり子さんや淵上熊太郎のCD詩集 = ポエムービーで展開した経緯があるけれど、それはフラッシュ(Adobe Flash)というソフトウェアによって実現したもので、iPadではいろんな事情によって再現できない。

それゆえというか、余計にというか、iPad(あるいはKindle)上に再現したくて止まらない今日この頃、iPad上ではすでに「青空文庫」が「i文庫HD」として縦書きで電子ブック化されていた(これは文字テキストベース)。
予想を超えるスピードで電子ブック化がすすんでることをiPadを通して知ったのだった。

ものいえば 唇ビビる 電子ブック

ついでに面白いというか驚いたのが、「SoundHound」という、ある曲のメロディは覚えているけど、誰のなんて曲だったかわからないとき、ハミングすればピタリとその曲を当ててくれるって、唇うれしいアプリもとりあえずダウンロードしたりした。まだ試してないけど、

nice!(0)  コメント(0) 

もばいく [ネット海]

今夜は三日月ぐらい、一昨夜は二日月ぐらいだった。二日月ぐらいだと都会では肉眼じゃなかなか見えにくいようだが、三日月ぐらいにもなるとしっかり見られるはず、だがいまは見えない。階段も三日月竜も御位牌も...

二日月は秋の代表的な季語らしいが、季語になるくらいだから昔はさぞよ〜く見えたんだろうなあ。
そこで一昨日夕べの一句

影立ちぬいざ生きめやも二日月


このぶんだと今年の十五夜、中秋の名月は9月22日の夜になるようだ。中秋(旧暦8月15日)と仲秋(旧暦8月)ではちょっとちがうってのもはじめて知った。

俳句は語が七めんどくさすぎる。といって川柳は着流し風情のハスっぽさがイヤったらしい。
ので勝手に、モ 俳"句(ネット限定)ってことにしてmixiでひとりで遊んでるものの、密かにだれかバイク(ママチャリ可)に乗って乱入してくれないかなあと願をかけたりしてる始末。
そういやヒッチ俳句ってのもあったような

nice!(0)  コメント(0) 

ミンイミンイと夏がゆく [ネット海]

このところツイッターをきっかけに俳句というか川柳のようなものに興味を持ちはじめ、mixiで遊んだりしている。「きっこのブログ」の捕虫網に採集されちゃったのか?どうか。かつてはそういう定型ってのが無闇矢鱈とイヤだったものだが、面白くなっちゃったんだから仕方がない。

やってみると気分が晴れる。くそ暑い夏だがやっぱりナツが好きだナチがナンダとじぶんの意識がはっきりしてくる。一年中がナツだったらいいんじゃまいかってくらいサンバがスキューバしちゃう。夏草や オラにしみいる せみの声 だっけ?蝉が生きてるかぎりナツなのだ。

が、まだナツここナツなのに蝉時雨がさすがに掠れてきたような気がする。
一方、またぞろ選挙モードにスイッチが入り、カスゴミ利権屋どもが騒ぎはじめた。
さっきもどっかの番組でカネカネカネカネ鳴いていた。おまえらのことだろって。
そこで一句

ミンイミンイと日がなカナカナいけシャーシャー

と、書いていたところ本当のミンイってのが聞こえてきた。
きっこさんが自ら立て、この a Happy Blog のトップページにも貼られた「民主党の代表選、誰を支持しますか?」がスゴイことになっている。
これがすべてといわないがひとつのバロメーターにはなる。カスゴミどもの調査など嘘も八百屋の長兵衛で世論誘導だけが目的だってのがよくわかる。
よろしかったら、あなたもポチッと如何。
nice!(0)  コメント(0) 

mixiでミクシング [ネット海]

ここ数日、自分の関心事にmixiがぶり返してしまった。
ぼくはmixiにうまくなじめず、というか不案内で、ずっと放置状態にしてた。そこへ思いがけない知らせが飛び込んできた。ちょっとした情報のミクシング(錯綜)だったけど、mixiの威力を思い知ったのだった。(i さん、すいません)

mixiではいろいろな情報が共有されるため、たとえmixiを拠点としてなくても、自分の別の拠点(a Happy Blog等)での発信が知らずにmixi内に伝わり、混乱のタネになりかねない。もちろんmixiでの自分の設定がしっかりできていれば避けられるのだが、最初のマイミクの設定にミスがありそのまま放置したため起きたことで非はこちらにある。ってことは、この間(2年以上?)なにかしらネタをまき散らしてきたってわけだ。(これはO'sにとってのみの話で他のa Happy Blogユーザーやmixiユーザーには当てはまりません)

これをきっかけにマイミクの設定をちゃんとすることで、どうやら無用の混乱はおさまったようだが、皮肉にも再びmixiに関心を持ち始めちゃった。a Happy Blogのmixi版は「a Happy Tour」として一時開設されていたものの、要領を得ないまま今はない。が、この件でかなり要領が飲み込めたのでこれを復活するのもいいかなあ、とまたアフォの虫が騒ぎ始めた今日この頃だ。
nice!(0)  コメント(0) 

つづく!iPad [ネット海]

深夜にどっかのテレビチャンネルで「お願い!ランキング」という番組をやっていて、なぜか観るタイミングがよく合う。
通常、テレビはつけていても音を消し(たとえサッカーであっても卓球であっても)もっぱら音楽を聴き作業しながらたまに画面を観るのが習慣で、まともにテレビを視聴することはあまりない。なのに、この番組に限ってけっこう見届けることが多い。よほどお願いがあるからか?

きょうはiPadの歩き方?みたいなコーナーで、勝間某という女性が最新のお気に入りのiPadアプリケーションソフトの案内をやっていた。ある意味(あ"の意味)ショックを受けた。おいらはiPadを無意識のうちに完結したつまり閉じられたシステムとして見限っていた。インターネットを含めてのうえで。

iPadではiPad用にたくさんのアプリケーションソフトが用意され、提供され、開発されていることをなぜかそっくり見過ごしてたってわけだ。普通のPCだっておなじようなアプリケーションソフトはいくらもある。あたりまえのメニューのように。そのせいだろう。
が、iPadというテーブル(タブレット)のうえではそのあたりまえの料理がまったく違った料理になる。PCとおなじ料理のようにみえるが味がぜんぜん違う。ラーメンであれなんであれよくアリャ!ってなことになるのとおなじだ。これもあたりまえだけど。

コンピュータの心臓を持ちながらコンピュータではない。家電というのもちがう。オモチャ?というのもちょっとそぐわない。考えあぐねているうちに、ふと "空気さなぎ" に思い至った。村上春樹のあの1Q84というファンタジーが辿るひと筋の謎の通路、物体だ。Book 3も手に入れて読んだけど、これはまだまだ "つづく" しかないなあと思った。iPadの報告も "つづく" しかない。
nice!(0)  コメント(0) 

揺らぐ!iPad、ブレない?カスゴミ [ネット海]

不思議な林檎ランプの詩(童話/尾崎まこと作)をruriさんが紹介しているのを読んで、もしかしたらiPadも芯に小さな炎が灯ってるのに、ぼくが気づいてないだけかもしれないとふと思ったりした。

じつのところ先入観が先走って奇妙な果実(林檎)なんて、ちょっとハスな感想を書いたりしたけれど、あらためてちゃんと齧ってみなければと思う。
もっとも核芯を理解できた頃にはもう秋どころか冬だったりして ^^;) → jinbei殿)
宇宙の揺らぎを口にして余計に宇宙人呼ばわりされた前総理だが、偏微分とか多変数解析とか超むずかしい分野で博士号(正式にはPh.D.)までとったその思考の核芯がなかなか理解されないようにね。炎は揺らぐものだ。ま、ちょっとコジつけっぽいが。

それにしても、ネットというのは思いがけない知恵やイメージに満ちている。宇宙とまでいえなくても壮大な図書館であるには違いない。
ブレるとかブレないとか、表層だけを見てつまらない報道ばかりやっているどこぞのカスゴミなどよりよほど有益だ。
ヒトラーのように首尾一貫しろと、それならそれでいい。そう言え。だがこいつらが日々言っていることがブレブレなのは周知のとおり。

こんなキモい言い草が通用するようになったのは、コネズミとかいう駄法螺男が「わたしはブレない...」などと大ボラを吹き大手スカゴミどもがその流通(言)飛語に買って出たからだ。
都合のいい駄法螺や当局のリーク、デマにはすすんで乗っかり、言論の自由を声高に言い立てながら、裏では言論統制を平気でやってのける。公職選挙法改正の成立を阻み続けているのもこいつらだよ。報道ひとつしない。
公職選挙法が改正され、ネットでの選挙活動が解禁されていちばん困るのがこいつらだからだ。こいつらだけが選挙報道もできるという特権をなにがなんでも手放したくないわけだ。

ほんとうはこいつらにこそレッドカードを突きつけるべきなんだ、とブラジル萌え(炎)が揺らぐばかり。話は遠く飛ぶが映画も曲もよかったなあ、ブラジル1Q84(ちなみにこのO's Blogのタイトル画像はそれがルーツ)
そこでふっと舞い戻ったところ、iPadはやはり映画やビデオやYouTubeを美しい映像で堪能したり、好きな音楽を味わったりフォトアルバムを作って楽しんだりする初心がいちばんかなあと、そんなところだった。とりあえずだけど



nice!(0)  コメント(0) 

とほほのiPad報告 [ネット海]

iPadを使った報告をしろよ、しなければ、と焦りつつもあまり気分がのらずワールドサッカーにうつつをぬかしていた今日この頃、まずは決勝トーナメントに行けたしiPhoneの新型も出たしでほっとひと息三百米、気分がはずんだ。

iPadは魔法のようなデバイスではなかった。奇妙な果実(林檎)と言ったほうが似合っている。
前に「モバイル用の高度なネット環境の実現と、画像や映像の処理と保管、再生のハイビジョン化、あるいは電子ブック化等にいたく魅かれた」と書いちゃったところはそうハズレではなかった。けれど、それ以前の当然あるはずの(と思いこんでいた)PC機能が、アレ?ない......のだ。
USBのポートが、TCP/IPの装備が、Webに不可欠のFlash対応が、そしてなによりもカメラ搭載が、ない、ない99%なのだった。

こうなると、3月の幻の発売予告があったあのとき店員が言った「iPhoneかiPod touchと機能もさほど変わらないし、サイズが違うくらいだと思いますよ、たぶんですがね...」が正しかったことになる。それどころかiPhoneにさえカメラ機能はあるぜ、って正の二乗は悪になるのだった。

これはわたしにとってであり、十分エンジョイされている人も多いと思う。要は目的次第でおいしいとも思えるだろうし逆もあり得る、というのが現状での感想だ。奇妙な果実(Strange Fluit)と言ったのはそういうことで、それと新iPhoneも合わせたApple社の最近の戦略というか商法に昔からのMacユーザーとしての異議もある。
むろんソフトバンクというニポンの電気通信事業会社によるところも多く、そのことはいずれレポートしようと思う。
nice!(0)  コメント(1) 

詩は好きだ、から書かない、こともあったりする? [ネット海]

このところ、唯物論者とかリアリストとか公言したり図に乗ったり(昔からだけどね)してたのが怪しくなってきて、なにかぼんやりとりとめのない浮遊状態になっていた。
ぼくは詩というのに触発というか挑発されても、だからといって反応はしても自分でその反応をコトバにする初動はない。いや、ビジュアル化は好きで水野るり子さんの詩や淵上熊太郎の詩には迷惑なくらい反応した。

そのあたりがいつものなりゆきだけど、このごろそこにココロというものがいたくシンクロするようになった。
というのは、aoiuemさんの杖や星笛館さんの帚のせいもあるが、谷川俊太郎さんと淵上熊太郎、そこに楠かつのりさん(「詩のボクシング」の黒幕)が加わった'95〜6年頃ぐらいに撮ったらしい、あるビデオの記録をデジタル化してくれってことで、門外漢なのに関わってしまったからだ。
10年以上過ぎここにきてはじめて見たんだけど、3人それぞれ屈託のない発言が自然に映し出され、とても愉快で共通感覚を目覚めさせてくれたのだった。

DVDはようやくなんとかまとまった、が、その記録はずっと公開されていなかったものだ。別にマル秘とか門外不出でもないらしくご希望の方にはお届けしてもよいと。著作権のようなものはあるかもしれないがあまり気にしてなさそうだ。なにより詩人という存在の根拠のようなものがそこはかとなく伝わる。そうとう面白い記録だ。ご興味があったらご一報くださいませ。お届けします。

info@a-happy.jp


nice!(0)  コメント(2) 

明るいLP計画 3) [ネット海]

ちょっと前、明るいLP計画 1) でApple社の「iPad」のニポンでの発売が来年になるかもしれない、なんて機器間違いかもしれない情報を得たことを書いた。がっかりしたものの、直後にニポンでも4月末発売といったん確定したらしくワクワクしていた。が、それもとこのま* 米本国であまりに売れ過ぎ、ニポンでは5月半ば過ぎに延期になったらしい。おい、おい、5月半ば過ぎといえば普天間問題がどうなるかの瀬戸際じゃないか。

米のiPad(ジョブスは好きだけどね)を購入するか、その勘定を泣いて移し替え沖縄へ支援に行くか、支援に行くに決まっている。鳩山の腹案というか本心にもかかっている。米基地、駐留軍をすべてグアムかテニアンへGo Homeさせる。鳩山はやるだろう。やるにちがいない。いや、やれ。多くの市民や同世代のベビーブーマーの大半はそう願っていると思う。だから鳩山政権の支持率は30%を切らない。切っているのは旧勢力に対し膨大な借り(既得権益)がある某通信社、某読売、某サンケー、某朝日、および某系列テレビ局の誘導調査の結果だ。まあマスコミ総体がそういうスタンスだといってもいい。

だったらマスコミどもが自ら名案を考えたらどうだと思うが、ひたすら米国政府の、それもオバマの顔色をうかがってばかりだ。ニポンという辺境国がかつて米国に戦争で負けたのがトラウマになっている。だが、それから65年。もうええじゃないか。安保解消、かつて'60年、'70年前後の闘争のおとしまえをツケて、チャブダイ、ひっくりかえしたれ。と戦前から変わらぬマスコミども(広告除く)をネギらってあげたくて止まらない今日この頃、みなさま a Happy?

つづく

*「とこのま→つかのま」これはきっこ(のブログ)常用のシャレ言葉でとても珍妙で気に入ちゃった。ので拝借ご容赦。





nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ネット海 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。